痛くない脱毛クリニックを選ぶポイントは「蓄熱式脱毛」にアリ!

誰もが憧れるスベスベなお肌…。脱毛クリニックなら、そんなスベスベなお肌を手に入れることが可能です。

しかし、脱毛の施術のことで、こんな疑問や悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

  • 痛みに弱いから、脱毛は痛いと聞いて躊躇してしまう…。
  • 以前に脱毛を経験したけど痛くて挫折した…。
  • 敏感肌でお肌が弱いから、脱毛時の痛みが気になる…。

などなど、痛みが気になって頭を抱える脱毛ですが、そんな悩みを持つ皆さんに朗報です!

実は、従来の脱毛方法とは全く異なるアプローチで痛みも少なく、施術完了期間も短く済む、新しい脱毛法「蓄熱式脱毛」が注目を集めています。

そこでこのサイトでは、蓄熱式脱毛を行っている痛くない脱毛クリニックを徹底調査!おすすめの脱毛クリニックを紹介しています。

おすすめの痛くない脱毛クリニック一覧

フレイアクリニック

HMRクリニック

レジーナクリニック

ブランクリニック

GLOWクリニック

蓄熱式脱毛ってどんな脱毛方式なの?

蓄熱式脱毛は「施術時の痛みが少ない」と、いま注目を集めている脱毛方法です。では、蓄熱式脱毛とはいったいどんな脱毛方法なのでしょうか。

実際に大手の脱毛サロンでも徐々に導入されつつある蓄熱式脱毛はいったいなぜ注目を集めることになったのか、その詳細に迫っていきます。

蓄熱式脱毛はなぜ痛くない?メカニズムを徹底解説

蓄熱式脱毛が支持される理由の中で最も多いのが従来の脱毛方法よりも痛みを感じにくいからです。

ここからは蓄熱式脱毛がなぜ痛みを感じにくい施術方法なのか深掘って解説していきます。

ダメージを与える箇所が違う

従来の脱毛方法においては毛根に直接ダメージを与えて毛が生えにくくするような手法をとっていました。

直接毛根へ刺激を与えるため、効果は期待できますが、強い痛みを伴うものが多かったのが実状です。

経験したことがある方であれば、まるでゴムで弾かれたような刺激を感じたことでしょう。

それに対して蓄熱式脱毛では、「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子を作り出す部分にダメージを与えることで、発育を妨げる手段をとっています。

既に生えている毛に対して直接強い刺激を与えて生えにくくする従来の方法と比べれば、毛が生えるための要因を根本的に弱めるのが蓄熱式脱毛と考えれば分かりやすいでしょう。

扱う光の強さが違う

従来の光脱毛で使っていたレーザーはどちらかと言えば一点に強い光を集中させて毛根にダメージを与えるものでしたが、蓄熱式脱毛では従来のレーザーに比べるとはるかに弱いパワーのレーザーを使って処理を行います。

一点に集まる熱量が少なく、結果的に痛みを感じにくい施術方法となっています。

では、なぜそんな弱い光で脱毛が可能なのかと言えば、従来の10倍のスピードで連続して光を当てることで熱をこもらせるように施術を行うからです。

熱いお湯にいきなり入ったら熱さを感じますが、徐々に温めていけば同じ温度までいっても熱さを感じづらいように、蓄熱式脱毛は徐々に熱を伝えていく脱毛方法です。

温度も違う

光脱毛として主流な施術方法であるIPL脱毛はなんと80度もの熱を発しています。

蓄熱式脱毛はそれに比べると60度ほどの温度で施術を行うことができますので、そもそも肌に与えるダメージの大きさが根本的に異なります。

痛みを感じないだけじゃない!蓄熱式脱毛のその他の魅力とは!?

蓄熱式脱毛には痛みを感じにくいという特徴の他にも従来の脱毛方法にはない、独自の強みがあります。

ここでは特に注目するべき蓄熱式脱毛の魅力について解説していきます。

日焼け肌でも施術が可能

従来の光脱毛はメラニン色素という黒い色素に対して働きかけて照射していたため、日焼けをして肌が黒かったり、ホクロがあったり、アザがあったりといった状態では施術することができませんでした。

しかし、蓄熱式脱毛はメラニン色素に対して照射をするわけではないため、従来ではそもそも施術ができなかった肌状態の人でも脱毛処理が行えるようになっています。

「うっかり日焼けしてしまって脱毛できない」
「ホクロがある箇所はどうしても施術できなかった」
「アザがあるため脱毛ができないと言われた」

などこれまで悩みを抱えていた方にとってみればまさに救いの一手でしょう。

ちなみに、日焼け肌でもOKとはいえども、真っ赤に日焼けしている人はNGです。気になる方はクリニックで相談してみることをおすすめします。

これまでは脱毛処理のために大好きな日焼けを控えていたという方にとってみれば日焼けも脱毛も両方できる夢のような施術方法です。

産毛などの細い毛でも施術できる

これも「バルジ領域」に直接ダメージを与える蓄熱式脱毛ならではのメリットですが、従来では無理とされていた産毛などの細い毛に対しても施術をすることが可能となっています。

従来のメラニン色素に対して処置を施す施術方法ではメラニン色素が薄い産毛や細い毛では反応してくれず、処置ができないのが実状でした。

そんな中、蓄熱式脱毛は毛が生える根本原因である「バルジ領域」に対する働きかけをするため、メラニン色素の濃い・薄いには一切影響されません。

剛毛の人を施術できるのはもちろんのこと、毛が薄いがために施術できなかった人にも脱毛ができる可能性をもたらしています。

体質的に毛が薄い人も該当しますが、中にはお子さんで脱毛をしたいという方も当てはまります。

実際にクリニックによっては親子で通うことで親子割りにしているところもあるくらいです。

クリニック側からしてもこれまでお客様にならなかった層にアプローチができるため、市場が大きく広げられるきっかけになっています。

金髪などの色素が薄い毛でも施術が可能

産毛以外にも従来脱毛が難しいとされてきた分野に「白髪」や「金髪」があります。

産毛の処理が難しいのと全く同じ理由で、そもそも白髪や金髪の毛にはメラニン色素が少ないからです。

周りはさほど気にしていないけど、本人からすると気になって仕方のない顔や背中の毛、高齢者になるにつれて毛の色素が抜けてしまった場合、元々毛の色素が薄くてそもそも脱毛ができない方など幅広い人に対して救いの手を述べるのが蓄熱式脱毛と言っても過言ではありません。

毛周期に関係なく通えるので、脱毛完了までのペースが速い

痛みが少なくて、そのうえ従来の光脱毛では処理が難しかった人まで施術ができるなんて、よほど処理が終わるまでに時間がかかるんじゃないの?と疑問に感じる人もいるかもしれません。

実は、蓄熱式脱毛は脱毛が完了するまでのペースも非常に早いんです。

必要な処理回数

ここでは比較検討するために従来型の光脱毛であるIPL脱毛やSSC脱毛とSHR脱毛とで施術完了までに必要な回数を部位ごとにまとめてみました。

ワキ:
SHR脱毛(蓄熱式脱毛) 約8~10回
従来の脱毛(IPL・SSC) 約8回

脚・腕:
SHR脱毛(蓄熱式脱毛) 約10回
従来の脱毛(IPL・SSC) 約6回

VIO:
SHR脱毛(蓄熱式脱毛) 約8~10回
従来の脱毛(IPL・SSC) 約8回

顔:
SHR脱毛(蓄熱式脱毛) 約10回
従来の脱毛(IPL・SSC) 約16回

全身:
SHR脱毛(蓄熱式脱毛) 約12回
従来の脱毛(IPL・SSC) 約12回

これを見るかぎりでは処理が完了するまでの回数には遜色がないことが分かります。

早さの秘訣は毛周期にあり!

では、蓄熱式脱毛の早さの秘訣はどこにあるかと言えば、それは毛周期を気にしなくて良いという点です。

光脱毛の代表格であるIPL脱毛と比較をすると分かりやすいですが、IPL脱毛ではメラニン色素に対して働きかけて処理をするために、そもそもある程度毛が生えてこないと施術ができません。

つまり、一度施術をして毛が抜けたら次に毛がしっかりと生える2~3ヶ月後までの間は処置をすることができません。

そのため、必然的に施術が完了するまでの期間が長くなってしまうのです。

一方、蓄熱式脱毛はメラニン色素に働きかけているわけではないため、毛周期は気にせずにいつでも好きな時に施術を行うことができます。

ペースとしては2週間に一度くらいの頻度で施術を行うことができるため、とにかく早く結果を出したいという方にとっては有効な処置方法といえるでしょう。

蓄熱式脱毛といえども、全員が受けられるわけではない?

痛くないだけでなく、施術のペースも早く、従来の脱毛方式では施術ができなかった人でも脱毛ができる蓄熱式脱毛。

一見、万能に思えるのですが全ての人が脱毛できるというわけではありません。

例えば、肌が炎症を起こしてしまっておりそもそも機械を接触すること自体が難しい場合や、日焼け直後の真っ赤な肌の人には施術を行うことができない場合があります。

従来の機器に比べればパワーは落としているとはいえ、肌に直接熱を与えるわけですから肌に炎症を起こしていればさらなる状況の悪化を招くこともあります。

そして、日焼けは火傷と同じですから、火傷している肌にさらに熱を加えることを考えれば危険すぎて施術が難しいことも用意に想像がつきます。

クリニックに行って相談をするのが一番確実ではありますから、迷ったらまずは相談というスタンスが良いでしょう。

蓄熱式脱毛は3拍子揃った夢のような脱毛法

今回は全く新しい脱毛方法として注目を集めるSHR脱毛(蓄熱式脱毛)について魅力を解説してきました。

・痛みを感じにくい
・従来処理が難しかった人も受けられる
・施術完了までの期間が短い

という3拍子揃ったまさに夢のような脱毛法としてこれからますます注目を集めることは間違いありませんから、人気になりすぎて予約が取れなくなる前に施術にいってみてはいかがでしょうか。